圧倒的な的中率からの転がし馬券!!回収率200%以上を堪能的に叩き出す!!
トップページ これまでの実績 有料メルマガのご案内 Q&A お問い合わせ
転がし馬券を始めよう!!
「強馬」の転がし馬券は的中率を最大重視としておりますので、これまでの実績としては月間回収率150%ほどと並外れた数字ではありませんが、1セット30,000円の軍資金から月間平均140,000円以上のプラス利益が堪能的に生まれている転がし馬券情報をご提供しております!

まずは転がし初心者の方の為に当サイトの転がし方法についてご説明します。

転がし馬券とは2鞍以上のレースを利用して、前回レースの的中で得た払戻金の一部又は全額を次回以降のレースに投入、つまり連続的中によって成り立つ投資法です。

その為、僅かな資金から始めても転がし成功時には回収率200%以上の大幅プラス収支は当たり前という、まさにローリスクハイリターンな投資法と言えるでしょう。


それでは1日の転がし対象レースを計3鞍にセットした場合の転がし応用方法についてご説明します。

転がし成功例

このように1鞍目〜3鞍目迄の全てを的中でつなぐ事で転がしは成功となります。

しかし以下のように投資途中、1鞍目〜3鞍目迄のどこか1つでも不的中レースが発生した場合には転がしは失敗となります。

転がし失敗例

つまり転がし投資の最大メリットは僅かな軍資金からでも始められ、転がし成功時には高配当馬券が的中した時と同程度、またはそれ以上の大幅プラス収支を一日で手にするチャンスも秘めているのです。

又、転がし対象レースが1つでも不的中となった時点で転がしは失敗となりますが、スタート資金を次回以降のレースへと使い流すのが転がしの基本ですから、一日の転がし対象レースが計3鞍の場合でも計10鞍の場合でも、転がし失敗時の損失額は1鞍目への投入額(当サイトの場合は30,000円)だけで済むというのも魅力の1つとなります。
目標回収率から計画を立てる!!
回収率が100%を上回った場合は「勝ち」、下回った場合には「負け」と単純に評するのではなく、自身が目標に掲げた数字を乗り越えた時こそが本当の「勝利」ではありませんか?

一日一日の投資競馬を淡々とこなすのではなく、どれだけの利益を上げれば自身として満足に値するのか、そのような意味でも目標回収率を設定する事はとても大切、儲けれるだけ儲けたいと欲を出してはいけないのです。

当サイトの場合には、本当に強い馬の馬券を購入するだけで目標回収率を超えれるように、一日の転がし対象レース数を計2鞍〜計5鞍の範囲内でセットし、会員の皆様に「本日の転がし情報」としてお伝えしております。

つまり目標回収率とは不安要素を1つでも抱える馬への投資を行わず、いわゆる自信度Aクラスとなる超確信馬への投資からでも十二分に達成が出来る現実的な数字に設定する事がとても重要なのです。

そこで当サイトは転がし成功時の目標回収率を200%に設定をしました。

なぜ"200%"に設定したのか答えは簡単です。

高確率で達成が出来る現実的な数字が回収率200%であったからです。

もちろん転がしの成功率は100%ではありませんので月間回収率は160%ほどに減少しますが、それでも転がし1セットあたり30,000円の投入から月間平均で140,000円以上のプラス利益が生まれるわけですから投資競馬が十二分に成り立つのです。
回収率200%以上の転がし情報!!
当サイトでは転がし1セット、つまり1鞍目への投入額を基本30,000円としております。

つまり回収率200%で計算した場合の転がし成功時の払戻額は60,000円と、一日に30,000円のプラス収支が生まれる計算になります。

もちろん一日30,000円のプラス収支と聞いてそれでは満足しないと感じる方も多いでしょうが、当サイトが掲げる目標回収率200%は最低限の数字です。

つまり回収率200%きっかりを狙っているわけではなく、回収率200%以上のプラス収支を目指して日々奮闘しているのです。

その為、回収率300%以上、更には400%以上の大幅プラス収支を打ち出す開催が発生しても、それは決して珍しい事ではないのです。
転がし成功率は約80%!!
転がしといっても成功率が低ければ利益は一向に増加しません。

しかしご安心下さい。

当サイトでは昨年度(2010年)の競馬開催、開催106日間中82開催で転がしに成功しております。

惜しくも目標とする転がし成功率80%には届かず今後の課題として残りましたが、それでも成功率は77%を記録と、転がしを日々実践していてもストレスを感じない十二分な数字を残せたように思います。

もちろんここまで高い成功率には理由があります。
決して愕然としないで下さい。

当サイトの情報は転がしの対象に選んだ何れの馬も必ず"複勝馬券"で転がすように指示、しかも的中時の平均配当は複勝100円台の低配当が当たり前と実に面白くない情報内容となっております。

しかし低配当を狙うにはしっかりとした理由があり、皆様からご質問をいただいた際にも、私はいつもこう答えております。

的中率に拘っております。

確かに人気薄の伏兵馬を推奨して次から次へと馬券が的中すれば、それは本当に凄い事で私は各メディアからも競馬の神様などと称えられるに違いありません。

しかし現実に伏兵馬を中心に馬券を購入していては日々の投資結果には大きなムラが出てしまいますし、転がし馬券に必要不可欠となる連戦連勝などは夢のまた夢となってしまいます。

そういう事です。

転がし馬券に必要なのは誰が何と言おうと的中率、一日に投資すると決めた各馬に期待を込めて、最初から最後まで何が何でも的中で続けなければ意味がないのです。

競馬を知らない特に若いうちは、どうしても目先の結果ばかりを求めますが、可能性の低い伏兵馬に一発を期待しているようでは長期に亘って勝ち続ける事は出来ません。

つまり転がし馬券に限らず、どれだけ安い配当であっても高確率で馬券が的中するのであれば堪能的に利益を作り出す方法がいくらでもあるのです。
実力馬の購入が転がし馬券の鉄則!!
もしもあなたが本当に強いと確信をした馬の予想配当が複勝120円と低配当だった場合は、その馬券を購入しますか?それとも見送りますか?

当サイトから言わせていただくと、本当に強いと確信を得た馬に120円もの配当が付いているのであれば確実に馬券を購入します。

それもそのはず、120円という低配当であっても、30,000円を投資していれば払戻額は36,000円、つまり6,000円の利益を僅か数分の馬券購入作業だけで生み出せるわけですから。

更に言い加えますと、一日計3鞍にセットした転がし対象レースの的中配当がもしも全て120円の低配当だったとしても、転がしが2連勝すれば144%、3連勝すれば173%もの大きな回収率に変貌するのですから転がしの威力をなめてかかってはいけません。

そうやって考えると僅かな的中率のなかで高配当に期待するよりも、配当面は二の次で本当に強い馬の馬券だけを購入して、転がし馬券で2連勝、3連勝を狙う事の方が圧倒的に高い確率で利益計上が可能であるという事が容易におわかりいただけるはずです。
圧倒的な的中率が武器となる!!
120円という低配当であっても、2連勝、3連勝と転がしを成功させる事で、回収率は173%に膨れ上がる事をご説明しましたが、当サイトは有料の競馬情報サイトですからより高度な結果を求められて当然です。

決してハードルを上げたわけではございませんが、当サイトでは複勝120円以下の配当が想定される馬を避け、複勝130円以上の配当に期待が出来る馬を中心に一日の転がし対象馬をセットしております。

しかもその的中率は93%を記録、つまり100頭中93頭が複勝圏内となる3着以内に入線と、当サイトが抜擢を行った転がし対象馬が見事なまでの大活躍を見せたのです。

この数字を叩き出すには、本当に強い馬を素直に買い続けない限り達成する事は出来ません。

もちろん中には、複勝130円以上を狙ったつもりでも結果的には想定以下の低配当が的中となる場合もございますが…。

というのも複勝/ワイドといった賭け式では、発走直前のオッズを確認しても大まかなオッズしか把握する事が出来ないほど確定オッズの把握が難しい賭け式なのです。

ここを簡単に説明すると複勝/ワイドの場合には、上位入線馬(1.2.3着馬)の合計投票数によって最終的なオッズが決定となりますので、レース前のオッズは 1.4倍〜2.0倍 などと曖昧な表示となっております。

つまりレース直前のオッズが 1.4倍〜2.0倍 となっている場合には、人気上位馬(1〜3番人気)が上位独占(1〜3着)となれば最低配当の140円、下位人気馬が上位入線(3着以内)となれば 1.5倍〜2.0倍 といった配当にも期待が出来るというわけです。

つまり自身が購入した馬以外の2頭が、下位人気であればあるほど好配当に期待が出来るわけですから、危険な人気馬が出走するレースに目を付けるのも回収率UPに向けての一つの手段、そしてある意味、 複勝の醍醐味といってもいいでしょう。

尚、転がし馬券はまとめ買いを行う事が出来ませんので、競馬開催日がお仕事等でレース結果の確認及び馬券購入の作業が行えない方は、残念ながら当サイトにご参加いただく事が出来ません。

ご参加いただける方の場合でも、1日に最大で計5鞍分の転がし馬券を実践するにはちょとしたお時間が必要になります。

それでも月間回収率150%以上の成果が生まれているように、当サイトに参加する意義は十二分にあると自信を持って情報伝達を行っております。
最後に…
実際のレースを見ていると、スタート・位置取り・スムーズ差などの良し悪しで、競争馬が持つ本来の能力を十二分に発揮できないシーンを一日に何度も目にします。

それに騎手は人間であって馬は動物、一般には判断しがたいメンタルな部分で結果が左右する事もあって当然なのです。

そこで私から皆様に転がし馬券の堅実性を大きく上昇させる為のアドバイスをします。

的中率は決して100%ではありません。

転がしの最中であっても、ご自身で十二分に満足の行く利益(結果)が生まれた場合には、転がし馬券を最後まで続けずに途中で打ち切っていただく事も私はアリだと思います。

というのも、転がし馬券を続けて引き続き「的中」が続けば利益は確実に拡大しますが、的中率は決して100%ではないのです。

回収率が***%に達した時点で勝ち逃げをしたり、転がし1鞍目の投入額 30,000円を差し引いた投資額で後の転がしを続行するなど少し工夫をするだけで転がし馬券の堅実さは確実に上昇します。

つまり必ずしも当サイトの指示に1から10まで全て従うのではなく、ご自身のその時折の状況判断も取り入れる事で、より精度の高い転がし馬券を堪能的に確立する事が出来るようになるのです。

それでは最後となりますが、勝ち負けを繰り返すのではなく勝って当然、これまでに約80%と圧巻の成功率を誇る当サイトの転がし馬券情報から堪能的な利益計上をぜひ私達とご一緒に実現しましょう!

転がし馬券「強馬」メールマガジン配信中!
登録・解除はコチラから!もちろん完全無料です!
フリーメールをご利用の場合、迷惑メールフォルダに入ってしまう可能性がございます。ご確認をお願いいたします。
携帯・スマートフォンでのご購読は、モバイルサイトからご登録ください。
ページトップ